おもな実績「九州国立博物館」

おもな実績
免震技術のご紹介

【耐震構造】
新耐震設計法で目標とする耐震性能は、耐用年限中に数度は遭遇する程度の地震(中地震動)に対して建築物を堅くして揺れた時の変形を小さくして建築物の機能を保持する事、また耐用年限中に一度遭遇するかもしれない程度の地震(大地震動)に対して、建築物の架構に部分的なひび割れ等の損傷を生じさせる事により、地震動のエネルギーを吸収して持ちこたえ最終的に崩壊からの人命の保護を図る事とされている。すなわち大地震動に遭遇した時に建築物が崩壊しないような設計はしているが、建築物に被害が生じる事は許容している。また建築物が所有している機能の停止も同時に許容されている。


【免震構造】
積層ゴムを設置した免震層で集中的に地震動のエネルギーを吸収し、建築物への地震動の入力を著しく低減できるので大地震に遭遇した時に建築物が崩壊しない事はもちろん、震災後にもその機能を十分維持できる性能を有する建築物とすることができる。免震構造は、大地震動による地面の激しく速い揺れを建築物にはゆっくりした大きな揺れに変える様な応答制御をしている。また建築物が大きく変形しすぎない様に制御すると共に地震動による震動が早くする様に運動エネルギーを吸収するダンパー機能を持つ。


【制御構造】
免震構造と同じ様に建築物の応答制御を行う構造システムであり、建築物に何らかの制震装置を組み込み、大地震動により建築物に入力する地震動のエネルギーをそこで吸収する仕組みとなっている。


■免震建築のメリット
@上部構造の地震荷重の大幅な低減による建物の地震時安全性の向上(安全性の向上)
A人命の保護のみならず財産の保全、建物機能の確保が可能(財産の保全、機能性の維持)
B収容物の損傷防止と2次被害の防止(財産の保全、機能性の維持)
C振動の体感低減による心理的不安・不快感の除去と安心感、居住性の向上(安心・居住性の向上)
D設計自由度の増大に伴う、新しい建築形態の可能性(設計自由度の向上)


■当現場で採用された免震装置

■天然ゴム積層ゴム(RB):オイレス工業製
薄いゴムと鋼板を交互に重ね合わせる事で上下(鉛直)方向には硬く、水平方向には柔らかい性能を持った部材。鉛直方向には硬い為建築物を支える機能を持ち、地震時には水平方向の揺れをソフトな動きに変え建家内に発生するせん断力(水平方向の力)を大きく低減させます。

RB-1(RB600):ゴム層4.0mm×30層
RB-2(RB700):ゴム層4.8mm×29層

内部鋼板2.8mm×29枚
内部鋼板3.1mm×28枚


■弾性すべり支承(SR):オイレス工業製
建物の重さを支持しながら、地震時にはすべりが生じる部材。小さい揺れ幅では積層ゴムと同じ免震効果を示し、大きい揺れ幅では下部のすべり板(SUS316特殊潤滑被膜処理)上ですべりを起こし、大型の免震装置と同様の大型変形性能を発揮します。

SR-1(SR300):ゴム層3.0mm×12層
SR-2(SR400):ゴム層4.0mm×9層
SR-3(SR500):ゴム層5.0mm×7層

内部鋼板2.2mm×11枚
内部鋼板2.5mm×8枚
内部鋼板2.5mm×6枚


■鋼棒ダンパー(SD):新日鐵製
アイソレータの機能だけでは、地震時の建物と地面との揺れ幅が大きくなりすぎてしまうのでこの揺れ幅を適度に少なくする為に、減衰機能が必要となります。鋼棒ダンパーは建物の重さは支持しないが、地震時に鋼が大きく変形することによりゆれ幅を低減させる部材。

SD-1:ロッド90Ø、R325


建築業界をソリューションする