創業30年以上。高品質な施工図作成。延べ1,000件以上の実績!
大神設計株式会社
プライバシーポリシー お問い合わせ
ホーム
施工図実績
定期報告実績
会社案内
サービス内容
     施工図作成
     特殊建築物定期報告
     工事写真整理
     トレース
     竣工写真
     竣工資料のデータ化
     新規入場者教育ビデオ
     通門管理システム
     竣工記念グッズ
     PHOTO GRANPA
採用情報
お問い合わせ
プロモーションビデオ
1.オープニング(2.79MB) オープニング
2.建築業界の現状1(6.19MB) 建築業界の現状1
3.データリレー1(8.49MB) データリレー1
4.データリレー2(5.94MB) データリレー2
九州の建物
大神詰め”処”
建築お役立ちノート
<第33話> 建築お役立ちノート


今回は、現場で便利なリンク集や単位表を作成しましたのでご利用ください!

建築お役立ちノート http://www.ohgami.net/note.html

<第32話> 今回は、5月下旬から導入された耐震基準適合証明についてです。
(nomura.com 不動産コラムより)


「耐震基準適合証明でメリットを受ける制度は?」


5月下旬から、社団法人不動産流通経営協会(FRK)が主催する建物検査モデルが導入されることになりました。業界団体のリードによって従来わかりにくかった建物検査が実施できるということは、公正な立場での安心できる検査が期待できるという点で画期的な制度の創設と受け止められます。このメニューの中にある「耐震診断」について、その利用メリットを受ける制度を整理してみたいと思います。

住宅ローン控除などの税制の緩和制度には、一般住宅の場合築後20年以内、耐火建築物の場合築後25年以内、という築後年数制限が設定されています。これは、昭和56年の新耐震基準以降の建物であり、かつ建物の年数経過にともなう老朽化を考慮した制限内容となっています。これに対し、平成17年の制度改定によって、この基準を超えた築後年数の建物でも、耐震診断の結果「基準」を満たすことが証明されたものについては、税制の特例を適用できるようになっています。今後既存ストックの活用という観点で、この制度を積極的に利用していきたいものです。
「耐震基準適合証明書」を取得することによってメリットをうける制度には下記のものがあります。今回のFRKバリューアップモデルメニューの中の「耐震診断」を受けて取得することもできます。

■表:耐震基準適合証明書の取得によって特例対象となりえる制度の一覧
1.住宅ローン減税 所得税の税額控除
2.贈与税1500万円非課税制度(H23年は1000万円) 贈与税の非課税
3.住宅取得等資金相続時精算課税制度 贈与税の非課税
4.特定の居住用財産の買い換え特例 長期譲渡所得の課税繰り延べ
5.住宅用家屋の所有権移転登記の登録免許税の軽減 建物所有権移転、抵当権設定
6.中古住宅の取得の不動産取得税の軽減 不動産取得税
7.地震保険の耐震診断割引制度 保険料の10%割引

※それぞれの優遇適用の詳細は別途確認してください。

これらの制度の利用にあたっての注意点をまとめてみました。
1)証明書の有効期限としては、証明書に係る調査終了日から対象住宅の取得日(所有権の移転日)までの最大期間は2年間とされています。
2)各適用税制等の種類によって、証明書の形式が異なります。
3)マンションの場合は、対象住戸を含む建物全体について耐震基準に適合することの証明が必要になります。また過去に行われた適合証明書がある場合は、証明書の発行にあたって参考となりえる場合がありますので、検査機関等に確認してみましょう。
4)適用にあたっては、所有権の移転の日(引渡日)前に証明書を取得しておく必要があります。
5)特に、住宅ローン減税の適用にあたっては、住宅の引渡を受けた後に耐震基準適合証明書を取得しても税制の特例は受けられませんので注意しましょう。
6)不動産取得税については、登記簿上の建築の日付が昭和57年1月1日以降の住宅であれば、適合証明は不要です。
7)この適合証明書の申請者は、原則として売主に限られます。(売主以外が申請者の場合は税務署に確認が必要です)
8)特定の居住用財産の買い換えの場合は、耐火建築物のみ「築後25年以内又は耐震基準適合証明が取得できるもの」という制限がありますが、木造については制限がありません。
9)地震保険の耐震診断割引は、耐震等級割引の制度とは異なる制度です。
10)税制に関連する優遇制度には、他に登記簿上の床面積が50m2以上という制限がありますので注意しておきましょう。
なお、フラット35に係る適合証明書は、この耐震基準適合証明とは異なる制度によるものですので、そのまま利用することはできません。

<第31話> 「金縛り」は100%科学的に解明できる!
(週刊SPA!4月20日(火) 12時24分配信 / エンターテインメント - エンタメ総合 )

目が覚めると体が締め付けられたように苦しく、手も足も動かない。そして胸の上や足元には、見知らぬ人が……。そんな金縛りの経験がある人は意外なほど多く、日本人の約4割にも及ぶという説も。これをオカルト現象と考えている人も多いが、精神生理学を専門とする福田一彦氏によると、「金縛りは100%科学的に解明できる現象」なのだそう。


●金縛り

「金縛りは医学用語では『睡眠麻痺』と呼ばれ、脳が覚醒に近い状態で活動しているレム睡眠の最中に起こります。レム睡眠のときは全身に脳から『動くな』という命令が出されていて、体の力が極端に抜けている。特に目が覚めた状態から突然レム睡眠に入るときは、いない人が見えたり変な音が聞こえたりという『入眠時幻覚』を体験することが多く、それが典型的な金縛り体験になるんですよ」

それでは、一体どのようなときに人は金縛りにかかるのか。

「原因の一つは不規則な睡眠です。夕方くらいに長い仮眠をとって、夜更かしをして明け方に眠ると、金縛りの症状が出やすくなります。だから夜中まで勉強している受験生などは金縛りにかかりやすく、思春期に金縛りを体験する人は多いんです。また、看護師など就業時間が不規則な職業の人も症状が出やすいというデータがあります」

また、寝るときの姿勢も金縛りと関係があるそう。

「金縛りになりやすいのは、仰向けのときです。日本人は仰向け寝の人が多く、欧米人は圧倒的にうつ伏せ寝が多いんですが、欧米人が金縛りにあったときの姿勢を調べると、仰向け寝の人がほとんどなんです。なぜ仰向けの状態が金縛りになりやすいかというと、仰向けのときは体の筋肉が一番弛緩していて、レム睡眠の状態に入りやすいから。うつ伏せや横向きでは体が動きやすいので、レム睡眠に入りにくいんです」

その仰向け寝と金縛りの関係を裏付ける例としても挙げられるのが、18世紀に描かれたヨハン・ハインリヒ・フュースリーの『夢魔』という絵画だ。

「体が完全に弛緩していている仰向けの状態で、お腹の上に悪魔のようなものが座っている絵です。これは、金縛りの状態を表したものだと考えられています。『夢魔』という題名は、その悪魔と悪魔が創り出す状態のことを言っている。当時の西洋では金縛りも悪夢も夢遊病も、夜中に変なことが起こると、とにかく全部悪魔のせいにしていたんです」

金縛りの症状自体は人種や文化に関係なく全世界で確認されているが、この絵画の話からもわかるように、その捉え方は国や文化によって異なるようだ。

「名前も国によって違い、英語ではゴースト・オプレッション、中国では鬼圧と呼ばれています。日本人は寝ているときに体が動かず、幻覚が見えると金縛りだと思う人が多いですが、金縛りに該当する言葉がない地域では、悪夢とされる場合が多いです。また、日本でも金縛りという言葉が使われる以前は、座敷わらしなどの妖怪の仕業と考えられていたようです」


<福田一彦氏>
'58年生まれ。福島大学教授。専門は精神生理学、時間生物学。人の眠りに関わる不思議を研究しており、金縛りについては特に造詣が深い

お問い合わせ
施工図実績定期報告実績会社案内施工図作成特殊建築物定期報告工事写真整理竣工写真竣工資料のデータ化新規入場者教育ビデオ
トレース通門管理システム竣工記念グッズ
採用情報おもな実績建築ニュース大神詰め処プライバシーポリシーお問い合わせ
大神設計株式会社 大神設計株式会社
本社  〒811-1353 福岡県福岡市南区柏原1-4-11  TEL 092-564-3877 FAX 092-567-0884
Copyright (c)2003 OHGAMI SEKKEI All Rights Reserved.